シャンプー 髪 生えない

市販シャンプーの残りカスが頭皮に悪影響を及ぼします

衣食住に特に困っていない現代人なら
ほとんどの方はシャンプーは必要なもの、
なくてはならないものという意識があると思います。

 

頭が臭かったら自分が不快になるだけでなく
周りにも迷惑をかけてしまうし、

 

脂でベタつくと気持ち悪いし
フケが出たら不潔に見られてしまうし、

 

とりあえずやっておくのが常識、
などと思うのは間違いではありません。

 

社会に出るとエチケットはとても重要なので
それが疎かだと人間性以前の問題に
発展してしまう恐れもありますので。

 

しかし、1つ大事なことをお忘れになってませんか?

 

それは「すすぎ」に関してです。

 

シャンプーした後は洗い流すのは当たり前でしょ
と反論したくなるかもしれませんが
案外しっかりすすいでいない方は多いです。

 

シャンプーすると髪には目に見えない
洗浄剤の残りカスがけっこう残るものなので
すすぎ過ぎと思うくらいやって丁度いいくらいなのです。

 

シャワーなら最低でも1分・片手桶なら
10杯以上かぶったほうが望ましいです。

 

それはシャンプーの種類に限らず同様です。

 

アミノ酸系だからといって洗浄剤が頭皮に残ると
毛穴に詰まって炎症やフケ・かゆみの原因になりえるので
しっかり洗い流す必要があります。

 

ちなみに石鹸シャンプーは肌に優しい特長がありますが
石鹸カスが残りやすく髪もゴワゴワしやすいので
そういう意味でもアミノ酸系は一番適しています。

 

 

また、予洗いもちゃんとしていますか?

 

予洗いとはシャンプーをする前に
お湯だけで髪を洗い流すことですが
それでほとんどの汚れを落とすことができます。

 

割合で言うと70〜90%は落とせるといわれています。

 

それによりシャンプーの泡立ちも良くなるので
しっかり洗った感覚も感じやすくなります