シャンプー 無香料 おすすめ

香料が入っているものは頭皮によくない事を知ってますか?

シャンプーに添加されている成分の中でも
かなりの割合で含まれているもののひとつが香料です。

 

文字通り香り付けをするための成分で
花や果物の香りでリラックス効果を与える
というのが主な働きです。

 

また、何も匂いがなかったら洗髪がつまらない、
物足りないと思う人への配慮という意味合いもあります。

 

そういう臭い重視の方にとっては香料は必要かと思いますが
髪の健康を第一にお考えの方には不必要なものです。

 

なぜかというと育毛や抜け毛・頭皮環境の改善には
そこまで有効に働く成分ではないこと、
そして時にはマイナス効果を与えることがあるからです。

 

香料は大きく分けて合成香料と天然香料があります。

 

合成香料は石油を原料に作られたもので
石油系界面活性剤と同じくらい毒性が強くて
危険だといわれています。

 

それは主に市販シャンプーに含まれているので
ヘアケアを重視するなら選ぶ理由はありません。

 

香料は鼻だけでなく皮膚からも吸収され
内蔵に蓄積する危険性も秘めています。

 

女性の場合、子宮にも蓄積することがわかっており
病気で手術をする際なんらかの香りがすることがあります。

 

それが長年内蔵に溜まっていると
どんな悪影響が将来的に出てくるかわかりません。

 

 

では天然香料だと安全なの?
というとそれもまた一概にはいえません。

 

他の成分もそうですが天然由来だからと言って
必ずしも安全という方程式はないのです。
(中には天然物でも発ガン性など
洒落にならない危険性を秘めたものもあります)

 

天然香料でも人によっては
アレルギーを引き起こすこともあり
最初は平気でも使っていくうちに
アレルゲンとなる可能性もあります。

 

また、すすぎきれてないと
頭皮の臭いや炎症の原因にもなりえます。
(ほとんどの場合、完全にはすすぎきれません)

 

よって香料はなんだかんだいって不必要であり、
無香料のシャンプーが最も髪におすすめな理由
ということになります。

 

1回ごとの影響は少ないかもしれませんが
シャンプーはほぼ一生使い続けるものなので
塵も積もれば山となることを忘れてはいけません。