シャンプー 種類 市販

市販シャンプーの種類が多いからこそアミノ酸のメリットを知るべき

抜け毛の増加に代表される頭のトラブル対策には
まずシャンプーについて知る必要があります。

 

シャンプーはドラッグストアーを始め
スーパーやデパート・雑貨屋などなど
多くのお店で市販されていますよね。

 

そしてものすごく種類が豊富ですよね?

 

で、何が良いのか悪いのか、
何が自分に合っているのかなど
さっぱりわからないと悩んでいませんか?

 

今回はシャンプーの基礎知識として
種類とそのその特徴についてお伝えしていきます。

 

 

まず1つ目は「石油系シャンプー」

 

石油を原料にした洗浄剤(合成界面活性剤)を使用していて
価格が比較的安い特徴があります。

 

洗浄成分にラウリル硫酸ナトリウムや
ラウレス硫酸ナトリウムなどの
脱脂力が強いものを配合しているものをいいます。

 

 

2つ目は「石鹸系シャンプー」

 

文字通り石鹸成分を配合したシャンプーで
肌に優しい特徴があります。

 

天然成分由来であるものも多いので
石油系より安全性がかなり高いといえます。

 

シリコンを洗い流してくれる機能もあり
毛穴のつまりの解消にも繋がる可能性があります。

 

 

3つ目は「アミノ酸系シャンプー」

 

シャンプーを使うならこれにしたほうがいいと
いちばん強く勧められるタイプになります。

 

頭皮と髪に最も負担が少ないシャンプーで
ものによっては栄養補給も可能です。

 

洗い上がりもかなり良いのが特長で
髪の痛みがそんなにひどくない方であれば
リンスやトリートメントがいらないくらい
指通り・クシ通りが滑らかに仕上がります。

 

 

シャンプーは主にその3種類に分かれますが
抜け毛が気になってきてもそうでなくても
とりあえずはアミノ酸系を使うのが望ましいです。

 

頭皮に負担をかけないのはもちろん
脱脂力も「普通」なので皮脂の過剰分泌を起こさず
乾燥やフケも予防できるので抜け毛の対策にはぴったりです。

 

 

逆に一番おすすめできないのが石油系です。

 

石油由来の洗浄成分はタンパク質変性作用があり
皮膚に浸透して髪の毛や内蔵に悪影響を与える
経皮毒の危険性も秘めているからです。

 

※タンパク質変性とはたんぱく質を壊すこと、
肌荒れを起こすことを指します

 

石油系はコストを削減するため
消費者の健康は二の次にする考え方なので
十二分にご注意ください。

 

ちなみに石鹸系は肌に優しいという特長しかなく
洗い上がりがごわつくので髪がからまりやすく
物理的に抜け毛が増える恐れがあります。

 

それを防ぐために専用リンスがありますが
抜け毛を減らすという観点で見ると
あまり余計なものを頭皮につけるべきじゃないので
少し理想とは離れてしまいます。